2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

9月に入りましたが、相場の方向感は掴みにくいまま、今週も今のところノートレードです。
ちなみに、先週もノートレードで終わりました。

もっとも、いくら方向感が掴みにくい、といっても、1週間ノートレードは今の私にとっては
死活問題。週末、チャートを冷静に見直し、ノーエントリーの原因究明に費やしました。

結果、主だった原因はふたつ。

ひとつ目はテクニカル面で、最近の値幅から見て、自分が普段メインにしている長い時間軸では
エントリーチャンスが掴みにくいこと。もっとも、これは時間軸を変えればすぐに対処可能です。

個人的に深刻なのがふたつ目の原因で、メンタル面に関わること。
そして、悲しいかな、原因は至って単純。

自ら、『方向感が掴みにくい』という都合の良い云い訳を盾にした怠け癖です。
少し前に、夏休みを取った、ということを書きましたが、その休みは必要なものだったと感じて
はいますが、その際に、休む、という心地よさに味を占め、自分の中の、楽をしたいという、
弱気な怠け癖が顔を出したためと思い至りました。

エントリーしない、というのは、精神的にはとても楽なことですから。

そして、その楽、を続けた結果、来るべきエントリーチャンスが到来した時に、
エントリーに対する恐怖感、いわば弱気な臆病風が邪魔をして入ることができず、
罪悪感の反面、ほっとしている自分もいる、という相反する感情に出くわし、
そのことにうまく対処することができませんでした。

思えば、少なくとも今年に入ってからは、その時々の状況で費やす時間的には
長短あれど、常に相場、チャートを中心に生活を組み立ててきていたので、
週末でも、トレードをお休みしている、という感覚を持っていませんでした。

そんな中、突如設けたお休みで、週末でも保ち続けていた緊張感を、自らぷっつりと
切らせてしまったのでしょう。これぞまさしく自滅。

自分で固めつつあると思い込んでいた基軸が、実はまだこの程度のグラグラ感だった、
ということが判明したわけです。
自業自得ですが、そんな自分が情けなく、恥ずかしい。

対処法は、やはり適切なエントリーをすることで、もとの緊張感を取り戻すこと。

昨日月曜日はチャンスに恵まれず、今日も日中はチャートを見ることができませんでしたが、
これから、NY時間以降、この緊張感と、トレード感覚を取り戻すために、
いつもより短い時間軸でエントリーチャンスを待ちたいと思います。



柔軟に。
そして、平常心。
損切り幅は決まっているのだから、恐れず淡々と。


では、今週も精進しましょう。


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://simplefxlife.blog.fc2.com/tb.php/78-ab7768fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。