2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

少し間が空きましたが、相場はレンジといってよいのでしょうか、
上か下か、どちらに行くべきか決めかねている、そんな感じに見えます。
まぁ、見えるも何も、動きそのものは相場が決めるものではないですけど。

そんな中、私のトレードはというと、少し前に豪ドル円のロングを手仕舞い。
+300pipsオーバー。
あと、ユーロ円のショートを保有中。こちらは、現在わずかにマイナス。
今は、101円の壁が破られるか否かを個人的な目安としています。

といっても、チャートにべったり張り付きではなく、意識的に、合間、合間に
その間のチャートの動きや流れを追うようにしています。

それ以外の時間はひたすら手仕事、手仕事。
考え方いかんによっては不届き者と思われてしまうでしょうが、
私の場合、他に何もせずにチャートに張り付いていると、どうしてもエントリー
したくなってしまいがちなので、大半を手仕事に集中させ、合間にチャート、
くらいの方がバランスがよいようです。

もちろん、短い時間足をベースにトレードされている方はなかなかそうはいかない
のでしょうが、長い時間足を軸にトレードしている今の私にとっては、値動きの
流れを事細かに追うことはかえってマイナスになる可能性大。

現に、先々週はそれで無駄なマイナスを積みました。
本来、長い時間足でエントリーチャンスを判断しているのにも関わらず、
チャンスを待てずに短い時間足に切り替えて無理にエントリーチャンスを探し、
当然のように損切り続き。
3連敗で辛うじて目が覚め、トレード終了。

固めつつあった軸を自分で崩してしまう行為をこってり反省して頭を冷やし、
まとめた対処法が手仕事との併用策。

さぁ、この作戦、功を奏することになるでしょうか。

今夜も、手仕事片手に実践での訓練が続きます。



最近よく思うこと。


トレードに限らず、生きること全般を通じてのことだけれど、

たとえば強がりも、ずっと継続して、それが習慣となったら、
強くあれるのかな、ということ。

強い人間であると同時に、弱い人間であるということはない、ということも云われるけれど、
ひとりの人間というものとして見ると、その中には、強さも、弱さも、並存していて、
もちろん、その弱い部分の全てが悪い訳ではないけれど、たとえばその弱さが、
自分自身の甘さだったり、だらしなさだったり、流されやすさだったりしたら、
それを克服する為に、自分なりに精いっぱい強がって、強がって、しつこいくらい続けて、
もうすっかり習慣といえるくらい板についたら、その弱さは、強さに変わるのかな、と。


トレードでも、日々暮らしていく中でも、自分の弱い部分にはたくさん出会います。
嫌だな、駄目だな、何とかしたいな、と思った時、それを助けられるのは自分だけ。

私は今、トレード面での弱さ、生きていく面での弱さ、その両方の弱さに直面しています。
でも、そのどちらかを克服できた時、もう一方も克服できているような気がします。

それまでは、精いっぱい強がるぞ。


そして、その弱さの記憶を忘れずに、強くあれる人でありたいです。


あぁ、また何だか纏りのないことを書き連ねちゃったな、と、今チャートを見たら、
クロス円は上昇中で、ユーロ円は目下のターゲット101円台に到達しました。
これで目先の流れが固まるかに注目です。


では、今週も精進しましょう。



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://simplefxlife.blog.fc2.com/tb.php/72-7f41b7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。