2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日で9月もおしまい。

月末、期末の、ゴトー日。相場はどう動くでしょうか。

昨日一昨日は、上昇の波にうまく乗って入ることができなかったので、
その合間の下落を小刻みに取っていきました。

このトレードの結果、判明したことがふたつ。

ひとつは、精神衛生上、あまりよろしくないこと。
長期でも、短期でも、流れに対しては素直についていった方が断然、いい。

もうひとつは、自分の悪いクセがはっきり出たこと。
私のトレードのうち、1桁台の獲得pipsは、実質負けトレードであること。
思惑と違う方向に動いた場合に、すっぱり損切りすればよいものを、
わずかでもプラスになるまで決済するのを待ってしまう。
この「待つ」は、エントリーチャンスを「待つ」とはまったく異なり、
無駄に引っ張って、次のエントリーの機会まで奪ってしまう性質のもの。
そして、これを繰り返しているうちは、何回かに一回の大きな損切りの遅れに
つながってしまうんですよね。

損切りを淡々とすることは、自分のなかでかなり克服されつつある弱点だと
思っていましたが、わずか数pipsの損切りに躊躇してしまう。
大きな損失に伴う痛みは、経験則上、じゅうぶんわかっているはずなのに、
それを未然に防ぐための前提となる、日々の小さな損失に伴う痛みを、
自分の中で受け入れられていませんでした。

薄々感づいていたものが、トレードの結果としてはっきり表面化。
まだまだ相場に対して甘えがある自分がしっかり出てしまいました。

以前、どなたかのブログで、こうした日々の小さな損切りは、相場に対して
ごめんなさい、するためのコスト、授業料、だったかな、そんなことが
書かれていて、なるほどなと、思った記憶があるのですが、私の場合、
呑気に感心しているどころでなく、まさにその実践と鍛錬が必要なようです。

それでも、こうした気づきを得られたことは、私にとって大きなこと。
あらためて、記録の重要性を再認識しました。

嘘も書けないけど、格好悪いトレードも書けない。
そういう意味では、やはり、ブログ、という縛りも、
自己規律の確立のために有用な方法のひとつかもしれませんね。

今日は、介入警戒も含め、色々な思惑で相場が動くことも考えられ、なかなか
難しいでしょうが、チャンスがあれば、素直にその流れに乗っていきたいです。



ランキングに参加しています。

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ人気ブログランキングへ


トレード結果

9/28(Wed)

EUR/JPY/S/1.9pips
EUR/JPY/S/22.4pips
EUR/JPY/S/24.0pips

9/29(Thu)

EUR/JPY/S/4.5pips
EUR/JPY/L/22.6pips
EUR/JPY/S/保有中

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://simplefxlife.blog.fc2.com/tb.php/27-75aa6cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。