2011/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

更新については、相変わらずのスローペースですが、
トレードはコンスタントに行っております。

特に掲げることはありませんでしたが、今年の抱負も昨年と同じく、

『1年を通じてトレードすること』

今のところ、ほぼ遵守できています。

そう。当初から相当なゆるり更新でしたが、
昨年以降、さらに輪をかけてゆるゆる更新になったのには理由があります。
というより、何故だろう、と自分なりに分析した結果、という方が正確でしょうか。

しかして、その理由は何ぞや、というと、

『波がなくなったから』

ひとことでまとめると、これかな、と。

トレードにおける、感情の波も、損益の波も、ついでに、情報量の波も、
良くも悪くも、なくなったから、かな、と自己分析しています。

正確には記憶していませんが、昨年以降、1トレードの勝ち負けに一喜一憂するような
感情面の振れ幅が影を潜め、淡々とトレードする習慣がつきました。
これは、どうしてなのか、他に情熱を傾けていた事柄が、感情面の多くを支配していた
ことが要因だったかもしれませんが、自分でもよくわかりません。

必然、1トレードの戦績、つまり損益も、結果としてすんなり受け入れて、
また淡々とトレードする、の繰り返し。
そして、ふと気がついて、トレード記録を確認したところ、損益も安定していました。

この間、残念ながら、枚数を増やしていって、というような賢い方法をとっていないので、
大幅利益増とか、ではないのですが、コンスタントに利益を残すことができました。
もちろん、ここで、枚数を急に上げていたりしたら、調子を崩していたかもしれませんね。

あと、これは付随的要因にすぎないかもしれませんが、
昨年は、別件で大変な労力を要する事が色々とあって、トレードにかかる情報を取得したくともできない、という期間が多くありました。
このことも、余計な情報に流されにくい、という点で、むしろ好都合だったのかもしれません。

こうして、淡々とトレードできるようになってくると、
今まで、主に、マイナストレードの敗因分析として、
いわゆる、トレードにおけるマイナス感情のはけ口的に使う一方だったので、
この状況で、う~ん、何を書くべきか、と。
淡々としたトレードの、淡々としたトレード記録だけを書くのも、
自分的につまらな過ぎるし、すぐに飽きそう。

それよりも、今の思考回路の中心は、こうした淡々としたトレードの積み重ねにより、
徐々に、でも着実に、積み上げつつある利益を、
自分の今後の生き方にどう活かしていこうか、或は、活かしていけるか、ということ。
今取り組んでいる事業との兼ね合いや、今後手がけていきたいこと等も踏まえて、
色々と考えを巡らせ、少しずつ動いているところです。

動き出す、4月。
よい春になりますように。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
FX,業者は会員個別にレートを配信する
FX,業者は会員個別にレートを配信する
 株式は「仲介取引・受渡決済」ですが、FXは「相対取引・差金決済」です。その「相対取引」とは・・・・
 ●外国為替市場では、株式市場のように「特定の場所」での取引は行なわれません。いわゆる取引所を介さずに、金融機関など当事者同士が、売り手と買い手となり、相対(一対一)で交渉し、値段、数量、決済方法などの売買内容を決定する取引方法のことを、相対取引といいます  http://kotobank.jp/word/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E5%8F%96%E5%BC%95 朝日新聞社 kotobank 出典:(株)外為どっとコム
  朝日新聞社・FX業者の外為どっとコムの説明を尊重すれば、FXが相対取引ということは、それぞれの会員が業者と相対(一対一)で交渉し外国為替を売買する。時にはA会員は1ドル101円で買い、B会員は1ドル101円02銭で買い、C会員は1ドル101円05銭で買うような場合もあるかも知れない。その場合は業者が各会員の指値に応じた、業者がそれぞれの会員に違ったレートを配信していた、ということだ。業者がわざわざ「相対取引ですよ」と断るのは「言い難いのですが、これは相対取引なので、すべての会員に同じレートを配信するとは限りませんよ。その辺を分かってください(時には特定の会員を狙い撃ちして、ストップ狩りをすることもあるかも知れませんよ)」と言っていると理解すべきなのでしょう。もしも常に会員すべてに同じレートを配信していたら、相対取引の要件である「相対(一対一)で交渉する」に外れることになる。
 「買うとすぐ下がり、売るとすぐ上がる」と言う不満には「各会員に違ったレートを配信しています」ではなく「当社のサーバー、通信回路などの状況、あるいは相場の急激な変動により、情報が正しく伝わらない、というリスクがあることを承知してください」という趣旨の、ちょっと違った説明・口実・言い訳を用意している。
 個別にレートを配信することは違法ではありません。それが気に入らない人はFXをやりません。
 もう「FXがのみ行為であること」を隠し通すのはやめにしましょうよ。誤解して痛い思いをしても自己責任であり本人が笑いものになるだけですが、他人に間違った印象を与えていたら、これは罪作りなことですよ。詳しくは下記リンク先を読んで下さい。
●OKWeb=質問「買えば下がる・売れば上がる・・FX会社に操作されているとしか思えません」 http://okwave.jp/qa/q4268476.html
●FX、お客が損すりゃ業者は儲かる http://www.h6.dion.ne.jp/~tanaka42/fx.html
2015/04/09(木) 22:42 | URL | yamasita #bpuQr6vw[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/25(月) 15:36 | | #[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://simplefxlife.blog.fc2.com/tb.php/102-ac7c036f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。